« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

この秋初めてのハイキング

随分長い間風邪をひいていたので、
大事をとってハイキングはお預けしてたので、
霜が降りるほど寒くなったこの時期、
この秋始めてのハイキングに行って来ました。

2012_11_282

2012_11_281

マーヤの大好きなみずき君と一緒です。

みずき君は既に何度もハイキングに行ってるし、
体重も重すぎずベストコンディションで、
とっても身軽。

それに比べて、運動不足な上におやつの食べすぎで丸いマーヤ。
動きが全く違います。

それでも、久しぶりに会って、とってもうれしかったようで、
会った瞬間から、
喜びの舞を2ヒキでずっと繰り広げ、
前半は走り回ってました。

松尾寺まで10キロ程歩きましたが、
後半は、私も足がだるくなって、
足が上がらなくなりましたが。

マーヤも無駄な動きがほとんどなく、
まるでLeighと散歩してるかのように私の側に寄り添ってました。

それに引き換えみずき君は、
先に10Mほど進んでは戻り、
又10M進んでは戻りを繰り返し、
最後に、広場でボールを何度も投げて貰っても、
ガンガン走っていたので、
随分、体力に差がついてしまったことを、
思い知りました。

これから、頑張って体力付けていきましょうね!

2012_11_283

2012_11_2815

2012_11_284


2012_11_286

2012_11_285

2012_11_287



2012_11_288

2012_11_289


2012_11_2810






2012_11_28111

松尾寺で紅葉をバックに記念写真。みっちゃんとみずき君はお揃いのボーダー
でさりげなくペアールックだったんだ。

2012_11_2812


ハートの葉っぱみぃ~つけた!黄色く色づいたので目立ちました。

2012_11_2816

2012_11_2813_2

2012_11_2817_2

2012_11_2814_2


落ち葉を踏みしめて歩くハイキングは、目にも楽しく、
楽しい時間。

マーヤはみずき君にずっと付いて歩いて、とってもうれしかったようです。

又、近いうちに行きたいね。

2012年11月26日 (月)

今日は終日雨でした。

今日は朝からずっと雨ですね。

私は、たまに行く競技会はいつもお天気で雨に
当たったことが今のところないので、
私は晴れ女かな?

ドラゴンハットは河川敷と違って、会場がそんなに広くないので、
マーヤを自由に走らせてやる場所がないので、
あまり好きな会場ではないのです。

車に入りぱなしだと、ストレス感じるようです。
普段自由にしてるので、たまには良いかとも思いますが、
犬が狭い空間に沢山居ることも、
かなりのストレスになるみたいです。

今日はかなり本降りの雨ですが、
誰も居ない公園で1時間程、
走らせてやりました。

近くにこういう公園が有ることは、
とてもありがたいことですね。
雨だと興奮するようで、
山に入ると興奮して、
ヒトリで走り回ってましたね。

昨日驚いたことが2つ。

昨日は早く起きれたので4時に家を出て5時半にドラゴンハットに着きました。

開場より30分も早く着いたのに、かなりの車の列が出来ていてビックリ。
関東や九州のナンバーも多々有り、凄いな~って思ったら、
ほとんどアジリティーの人たちの車でした。

6時過ぎるとさらに長蛇の列が出来て会場に入るのに、
30分以上かかっていました。

昨日は競技順が5番目だったので、早く行って助かりました。

帰りも早く会場を出ましたが、高速に乗るまでの道が渋滞していて、
10分もかからないところを30分ぐらいかかってしまいました。

それだけ、参加人数が増えてるのね。

もう一つはオベディエンスⅠの参加者が急増していたこと。

3月の競技会では3~4頭ぐらいでしたが、今回は16頭。

競技会場の横に車を止めれたので、ずっと見学できましたが、
送り出しの成功率が結構高かったのにも驚きました。

遠隔が一番難しい様子でした。

まだ、競技ルールも私も含めわからない事が多く、
いろんな競技者が競技して注意を受けているのを見て、
あれは減点対象、あれは0点対象と細々したことは、
実際に見ていないと良く分からなかったことも多々有りました。

犬のタイプもいろいろ有ることが良く分かりました。
休止が凄く良くても脚側は遅れがちだったり、
脚側は今ひとつでも、送り出しや、
招呼はバキューンって飛んでいけるコもいたり、
色々ですが全体的にバランスよくこなせるコは、
少数だったように思いました。

結果をチェックせずに帰って来たのが残念でした。

やはり、CD2の方が一般的で多くの競技者が参加してますし、
キャリアを重ねてる訓練士の方も多数いらっしゃるので、
完成度は高い競技者が多いです。
オベディエンスは、まだまだ模索中の方がほとんどなので、
完成度は高くなくても、
難しい課目を成功させると、思わず拍手や歓声が沸いてましたね。

オベディエンスⅡ(3頭)やオベディエンスⅢ(4頭)は
オベディエンスⅠが受からないことには受けれないので、
まだまだ少数ですが、これから増えそうですね。

マーヤは今のところ集中力に欠けているので、
オベディエンスは難しい!って改めて思い知らされました。

又、これから模索の日々が始まります。

2012年11月25日 (日)

久しぶりの競技会

久しぶりに訓練競技会に行って来ました。

今日はとっても良いお天気&寒く風がなく
絶好の競技会日和でした。

結果は97.9ポイントでB組第4位。

2012_11_2531

カメラ持って行くの忘れちゃって、携帯でウランちゃんのパパに撮って頂きました。

2012_11_2510

規定課目課目68.3点 選択課目29.6点でした。

会場に着いてからのマーヤは、周りをキョロキョロ、
落ち着きがなく、指示してもぼ~っとしていて、
今日はポイント出ないかも?って思い大変焦りました。

おやつをあげて、ちょっと気分を持ち直し、
少し動くようになり、
何とか表彰台の下の位置にポジショニング出来たことはラッキーでした。

練習ではいつも台の上に乗ってる気分なのですが、
本番になると場に飲まれてしまって、
あかんたれなマーヤ&私。まだ競技会7回目なので、
マーヤが生きてるうちにいつか克服したいの感じ。

私自身が競技会が苦手であまり参加しないので、
慣れるところまで持っていけないのがいけないのか?

勝負事は勝気で行かないと駄目なんですね!

今日はウランちゃんもCD2で参加していました。

2012_11_252

セディー君の妹ウランちゃん1歳10ヶ月。今日はCD2に挑戦。
ヒート中で一番最後に回され、テンションはちょっと低めでしたが、
頑張ってましたよ!もう少ししたらマーヤ追い越されてしまいそうです。

最近CD1でもポイント下さるそうで
ウランちゃんCD1でポイント11点もGETしたんだって。

CD2でもカード1枚取ってるので、
後1枚でT.CH完成するそうです。

カメラ忘れたので競技の写真はないけれど、
パパとの調整をあと少し出来れば、
動きの良い子なので、
期待の星です。

頑張ってね~!

2012年11月21日 (水)

レッスン156回目

今日は穏やかな小春日和。
ポカポカお昼ねしたいような心地よい午後でした。

ところが、ダムに着くと寒かった。

3時過ぎるとダムは日陰になってしまって、
中綿のジャケットが必要みたいです。

夏はダムが涼しくって良いけれど、
冬は街の方が暖かくって良いね。

2012_11_212

今週末、紅葉が最も美しいらしいが、
ケヤキなど真っ赤になる前に散ってしまってる木もあり、
今年は、思ったより綺麗じゃなかったな~。

もみじは、きれいに色づいてるので、紅葉とはもみじのことを言ってるのね。

2012_11_211

今日もマーヤさんは、寒いのでノリノリ、ワンワン吠えてます。

吠えるぐらいでないと駄目だし、吠えると減点されてしまう。

静に闘志を燃やすタイプに変心してもらいたい。

今日は、競技会前の最終チェックと言う事で、
ビデオを撮って貰った。

ビデオテープなので、私が一人で見て反省する為にしか使えませんが、
動画でチェックすると一番良く分かるので、
貴重なビデオです。

大変なことに、今日も課目を間違えて2度「伏せ」を命じてしまった。
昨年の本部展での苦い思いを1年経つともう忘れてしまっている。
恐い。

今年は手に順序を書いて参加した方が良いと、
先生からアドヴァイスを頂く。

全くその通りです。
手に書いて、絶対間違わないようにしようっと。

脚側行進は、お尻がふくらむ箇所と、少し離れる箇所が、
相変わらず見られ、先生にさわって貰ったら、
緊張感がでて随分真面目に、
きっちりやるように変心した。

早い動きの犬には、早い動きで注意を促さないと、
悪いところを指摘するのが遅すぎてなおせないことが、
如実に見えて、私がマーヤの欠点を直すことの難しさが、
良く分かった次第です。

「据座」の時は、顔を180度以上横に振ってキョロキョロ。

これも、なかなか直せない。

一番ショックなのは、本番どうりに練習すると、
おやつが出ないことを見破られて、
マーヤが私(おやつ)に集中しないこと。
もっと巧みなジェスチャーを考え出さないと、
本番では、おやつ作戦は全く駄目みたい。

一つ良くなってるのは、
私の体符は以前より随分マシになって来てるので、
以前ほど体符で減点されることは少ないのではないかと思います。

明日からは、マーヤより私が間違えないように、
集中して出来るように練習して、
競技会に備えたいと思います。



2012年11月16日 (金)

レッスン155回目




1週間程前に風邪をひいてしまい、

漢方の風邪薬を大量に飲んで早く治そうとしたところ、

胃腸をやられて、お腹がくだってしまった。

薬は止められ、風邪は自己免疫力で治して、

お腹を治すように漢方の先生に指示された。

結局、喉も頭も鼻もお腹も痛くって、

全然やる気がない状態でしたが、

お天気良かったし、訓練へ行って来ました。

最近、日々のお散歩ではカメラを持ち歩かなくなって、

訓練の写真ばかりになってしまってます。

実際、服従訓練かGRTの練習しかしていないので、

写真も同じようなものばかり。

今日は、風もなく穏やかな秋晴れとなりました。

2012_11_162


随分、紅葉も進んで来てます。

黒ラブちゃんがフリスビーの練習に来てました。

マーヤも遠めに練習をじっと見てました。

体重落とさないとフリスビーは無理。

きっと、大好きだと思うのであえて、近寄らないようにしてます。

2012_11_167

2012_11_163

マーヤはダミーを咥えて写真を撮る練習。

咥え方が良くないので、やり直し。

2012_11_164

段々、機嫌が悪くなってきて、ヤブレカブレになって来た。

2012_11_165_2


おやつを手の届かぬところに置いてみた。
おやつの為なら必死です。

喉が絞まって死んだって食べてやるって感じですね。

2012_11_166

1時ごろの写真なので、ちょっと動くと暑いぐらいだったので、
舌がべ~になってしまいました。

2012_11_161

ちょっと暑かったので、今日はあえて木陰で練習しました。

マーヤはCD2の方は”まあまあ”の仕上がりですが、
私の方がちょっと問題ある様で、
今日は、私の指導手としての動きの問題点ばかり、
指摘を受けてしまいました。

もっと、マーヤの動きを良くするノウハウですね!

これが、なかなか難しく、
良く考えたら、これが出来ていたら、
今頃、こんなに苦労していない。

私の動作をもっと機敏にキビキビ動くこと。

マーヤをもっと褒めて遊んでやること。

飴と鞭の鞭の使い方を上手に利用する。

ボールの使い方をもっと上手に使って、
マーヤの意欲をもっと引き出すこと。

結局、指導手の存在がもっと魅力的でないと、
犬の動きが良くならない。

あ~難しい!

今まで出来てないことが、そんなに直ぐに出来るようになるわけがない。

後、1週間頑張りましょう。

2012年11月12日 (月)

久しぶりに読書

料理や手芸のレシピ本を買うのが趣味で、
コノ手の本は山ほど持ってますが、
45歳を過ぎてから、老眼がどんどん進み、
いまや3.5まで進んで、
もう眼鏡がないと本や新聞などの活字は全く読めなくなりました。

そのお陰で、文庫本や単行本は全く買わなくなっていました。

最近、眼鏡に慣れてきて、
長時間かけれるようになって来たので、
久しぶりに興味を持った本を買ってみました。

それがこの本。

2012_11_121

Leighを見送ってから、「末期をどう過ごすか?」
コノテーマが気になるようになりました。

大変読みやすく、昨晩一気に読んでしまいました。
50歳を過ぎて人生折り返し地点を過ぎると、
意識が随分変わってきてます。

2012_11_122




この本を読んでみて、
何も手を加えない「自然死」てやっぱり素晴らしい!って感じました。

2012年11月 8日 (木)

レッスン154回目

今日も連チャンで訓練に行って来ました。

今日はダム。

今日もマーヤの貸切で、
ウキウキ♪うれしくってしょうがないって感じ。

2011_11_081

この岩に一っ飛び!ヒェー。

2011_11_082


涼しくなって身も心も軽くなったのね。

2011_11_083


2011_11_085

2011_11_086


練習前に押さえきれず走り回ってます。

2011_11_087


2011_11_084



何故かいまクローバーがフサフサ。緑のカーペットが綺麗です。

さて、訓練ですが、
もう、競技会まで先生に見てもらうのが、後1回ぐらいしかないので、
本番通りに練習してみました。

今日は、ノリが良すぎて脚側行進はかぶり気味だったり、
停座の位置が少しゆがんでいたり、
勝手に座ったりと、
動きが荒く減点ポイント満載でしたが、
先生は、「おやつを使ってから、動きが良くなってる。」って褒めてもらえた。
締めるところは締めて、
動きにメリハリをつけるように注意を受けました。

今日は「遠隔の伏せから停座」お尻が重く上がらなかった。
やっぱり、まだ10mは不確実です。

「障害飛越往復」は今日も調子よく何回かやって見ましたが、
何度やっても、往復出来るようになった!
不思議です。急に出来るようになるんですね。

あと、2週間このまま調子を崩さずに、
当日を迎えられるように、
コンディションを整えて行きましょう。

2012年11月 7日 (水)

レッスン153回目

今日は立冬ですね。
久しぶりに、浄化センターに行ってきましたが、風が強かったですが、
気温はそんなに低くなく、
心地よいお天気でした。

2012_11_071_3

おじゃる君に1年ぶりぐらいに会うことが出来ました。

2012_11_072

今10歳ですが、まだ白いものも目立たず若々しい!
オベディエンスⅢの練習中です。

今日は、おじゃる君のママも一緒でした。
13歳で後ろ足が踏ん張れなくなったので、
歩行器を別注で作って貰ったんだって、
とても快適みたいで、走り回ってました。

2012_11_073_2

さて、レッスンの方は、遠隔が10m離れた位置でも、
「停座から伏せ」「伏せから停座」「停座から立って」「立ってから停座」
「伏せから立って」「立ってから伏せ」

大体出来るようになってきました。
徐々に距離を伸ばして行きたいところです。

停座で待てをしている時に、よそ見をしたり、臭いを嗅いだり、
集中を欠いた所作をした時に注意を促し、
常に集中出来るように、練習をしないといけないこと、
脚側行進中でも、集中を切らさないように練習出来るよう、
工夫するように注意を受けました。

2012_11_076

2012_11_077

2012_11_079

2012_11_078_2

2012年11月 5日 (月)

久しぶりにお勉強に行って来ました。

3日に開催された滋賀県での2012京都ラブラドールレトリーバークラブ展の後、

夕方5時から、クラブ主催のブリーダーズ・セミナーが開催されました。

3時にドッグショーを終えて、引き続きセミナーにも50人あまりの方々がセミナーに、

参加されていました。ラブの方々は本当に勉強熱心な方が多いと感心してしまいました。

ブリーダーズセミナー

*ラブラドールのスタンダード昨今・本日のジェネラルコメント
  講師:Mr.David Craig(Foulby犬舎)

*ベテランクラスを審査して
  講師:田中克和(Sunchace犬舎)

*ドッグフードと皮膚の関係は?
  講師:高橋元(RCブリーダーサービス・西日本リーダー)

*無駄の無い最先端の繁殖技術とAIについて
  講師:豊永真理(国際小動物医学研究所Bio Plus・獣医師)

セミナーは上記の内容です。
どのテーマーも関心の高いテーマーで
あっという間の2時間半でした。

 

今回のショーではベテランクラスがもうけてあり、
7歳から11歳の牡牝10頭が参加されたそうです。

 

フラットでもベテランクラス見てみたいな~。

 

 

 

ラブラドール・レトリーバーの昨今のテーマの講師の先生は、
今日のショーのジャッジのデビッド・グレイグ氏。

 

みな関心がある、今日のショーの総評もうかがうことが出来ました。

 

順番付けるだけでなく、評価が伺えるのはうれしいですね。

 

セミナーでは、1065年からのラブの基礎犬となったコ達を
写真を使って紹介して、
血統のつながりを説明して下さいました。

 

母方の血統が大変重要だと彼もおっしゃってましたね。

 

ラブも、何頭かの重要な基礎犬がいて、
脈々と受け継がれているみたいです。

 

グレイグ氏は英国でブリーディングをされていて、
ヨーロッパ諸国、スカンジナビアの国々、アメリカ、クラフト展の
ジャッジもされたそうです。

 

フラットもいつかこんなに犬種を熟知されてるジャッジに
審査して頂きたいものですね。

 

ひとつ驚いたことは、同時通訳をラブのベテランクラスを審査された、
田中氏がつとめていたこと。
ラブの方達は、みなさん本当に勉強熱心です。

 

 

 

最近、フラットのブリードでもAIで出産例が何件かあり、
会長Cさんが初めてチルドでの人口受精を成功されてから、
興味があり、いつかセミナーを受けたいと常々思っていたので、
又とないチャンスだと思いました。

 

私のblogの記事の中でも、スメア検査に関する記事は閲覧数が多いので、
おそらく多くの方がとっても興味を持ってるテーマではないかと思います。

 

でも、参加者は一般の方はほとんどいなくて、
ラブのショーに参加されていた方達がほとんどでした。

 

豊永先生のセミナーはとっても分かりやすく、
人工授精を含む繁殖に関してのことが、
具体的に理解出来ました。

 

生物の勉強をしたことがなかったのですが、
その重要性をとても感じましたね。

 

同じ血統同士の交配を重ねて行くと、悪いところも凝縮されるので、
いろんな良い血統をバランス良く組み合わせ出来る手段として、
海外から輸送できる冷凍精子を使用した、
人工授精はこれから益々必要性が高まって行くこと思います。

 

良い例が先行して、方法として定着できれば良いな~!って感じてます。

 

ネットで検索するとJKCのHPでも詳しく書かれてましたし、
筒井先生の論文も閲覧出来るようです。

 

今までのスメア検査に+黄体ホルモン検査をすればより確実に、
排卵日を確定しやすくなるようです。

 

一番大切なのは、繁殖犬が牡・牝共に健康であること。
若く精子数が多いことが良い繁殖を成功させることにつながる
ことも良く分かりました。

 

子孫を残すべきコはいくつが良いのか分かりませんが
2歳とか3歳の若く元気な時期の冷凍精子を保存しておく必要性を感じましたが、
どうしてその判断をするかが又難しいですね。

 

 

最後に、フードメーカー・ロイヤルカナンの
アレルギー食についての説明を聞いて、
フードメーカーはかなり研究されていて、
技術も進んで、フードのレベルは、
ちょっと前よりかなり進んでいることが良くわかりました。

 

技術革新によるフードと昔からある食材に何も手を加えない生食。

 

私は、犬は共に生活する仲間だけれど、
生の食材を消化する能力を持っているので、
出来るだけ、自然な形で育てたいと考えてます。

 

一度、生食を始めて上手く行ってると、
なかなかフードに戻すことは勇気がいるので、
戻せませんが、
知識としては理解しておくほうが良いと思うので、
このテーマも面白かったです。

 

 

3000円の参加費の割りに大変盛りだくさんのセミナーだったので、
参加して良かったです。

 

でも、なかなかこのようなセミナーは無いのが現状ですね。

 

 

2012年11月 4日 (日)

アジサイのリース

2012_11_02_3

2日は+DOGでカットの日でした。

11月の上旬と言うのは、何をするのも良い季節で、
今回は、真理ちゃんとみっちゃんは予定があり欠席。

セディー君のママとアッシュ・ソラ・リントママの3人でランチを頂きました。

セディー君のママは2時からお仕事だったので、
すぐに帰ってしまい、
いつもなら、直ぐに時間が経ってしまうのですが、
人数が少ないと、
何故か時間がたっぷりあるように感じました。

セディー君が帰ったあと、リントママに手伝ってもらって、
庭のアジサイをドライフラワーにしておいたのを使って、
リースを作りました。
(実はほとんど+DOGのオーナーに作って頂いたのですが。)

アジサイはまだまだ沢山有るので、
次回はもう少し色んな葉っぱや花や実を入れたのを、
作ってみたいな~。

マーヤは、4歳になったし、
もうそろそろテーブルの下でじっとしてられるかと思い、
ちょっとバリケンから出して様子を見ていましたが、
セディー君と遊んでいてじっとしてられない様子だったので、
やっぱりバリケンに入って頂きました。

1頭だと大丈夫ですが、
お友達が居ると、
いつまで経ってもバリケンから出られないマーヤでした。



« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31