« アジサイのリース | トップページ | レッスン153回目 »

2012年11月 5日 (月)

久しぶりにお勉強に行って来ました。

3日に開催された滋賀県での2012京都ラブラドールレトリーバークラブ展の後、

夕方5時から、クラブ主催のブリーダーズ・セミナーが開催されました。

3時にドッグショーを終えて、引き続きセミナーにも50人あまりの方々がセミナーに、

参加されていました。ラブの方々は本当に勉強熱心な方が多いと感心してしまいました。

ブリーダーズセミナー

*ラブラドールのスタンダード昨今・本日のジェネラルコメント
  講師:Mr.David Craig(Foulby犬舎)

*ベテランクラスを審査して
  講師:田中克和(Sunchace犬舎)

*ドッグフードと皮膚の関係は?
  講師:高橋元(RCブリーダーサービス・西日本リーダー)

*無駄の無い最先端の繁殖技術とAIについて
  講師:豊永真理(国際小動物医学研究所Bio Plus・獣医師)

セミナーは上記の内容です。
どのテーマーも関心の高いテーマーで
あっという間の2時間半でした。

 

今回のショーではベテランクラスがもうけてあり、
7歳から11歳の牡牝10頭が参加されたそうです。

 

フラットでもベテランクラス見てみたいな~。

 

 

 

ラブラドール・レトリーバーの昨今のテーマの講師の先生は、
今日のショーのジャッジのデビッド・グレイグ氏。

 

みな関心がある、今日のショーの総評もうかがうことが出来ました。

 

順番付けるだけでなく、評価が伺えるのはうれしいですね。

 

セミナーでは、1065年からのラブの基礎犬となったコ達を
写真を使って紹介して、
血統のつながりを説明して下さいました。

 

母方の血統が大変重要だと彼もおっしゃってましたね。

 

ラブも、何頭かの重要な基礎犬がいて、
脈々と受け継がれているみたいです。

 

グレイグ氏は英国でブリーディングをされていて、
ヨーロッパ諸国、スカンジナビアの国々、アメリカ、クラフト展の
ジャッジもされたそうです。

 

フラットもいつかこんなに犬種を熟知されてるジャッジに
審査して頂きたいものですね。

 

ひとつ驚いたことは、同時通訳をラブのベテランクラスを審査された、
田中氏がつとめていたこと。
ラブの方達は、みなさん本当に勉強熱心です。

 

 

 

最近、フラットのブリードでもAIで出産例が何件かあり、
会長Cさんが初めてチルドでの人口受精を成功されてから、
興味があり、いつかセミナーを受けたいと常々思っていたので、
又とないチャンスだと思いました。

 

私のblogの記事の中でも、スメア検査に関する記事は閲覧数が多いので、
おそらく多くの方がとっても興味を持ってるテーマではないかと思います。

 

でも、参加者は一般の方はほとんどいなくて、
ラブのショーに参加されていた方達がほとんどでした。

 

豊永先生のセミナーはとっても分かりやすく、
人工授精を含む繁殖に関してのことが、
具体的に理解出来ました。

 

生物の勉強をしたことがなかったのですが、
その重要性をとても感じましたね。

 

同じ血統同士の交配を重ねて行くと、悪いところも凝縮されるので、
いろんな良い血統をバランス良く組み合わせ出来る手段として、
海外から輸送できる冷凍精子を使用した、
人工授精はこれから益々必要性が高まって行くこと思います。

 

良い例が先行して、方法として定着できれば良いな~!って感じてます。

 

ネットで検索するとJKCのHPでも詳しく書かれてましたし、
筒井先生の論文も閲覧出来るようです。

 

今までのスメア検査に+黄体ホルモン検査をすればより確実に、
排卵日を確定しやすくなるようです。

 

一番大切なのは、繁殖犬が牡・牝共に健康であること。
若く精子数が多いことが良い繁殖を成功させることにつながる
ことも良く分かりました。

 

子孫を残すべきコはいくつが良いのか分かりませんが
2歳とか3歳の若く元気な時期の冷凍精子を保存しておく必要性を感じましたが、
どうしてその判断をするかが又難しいですね。

 

 

最後に、フードメーカー・ロイヤルカナンの
アレルギー食についての説明を聞いて、
フードメーカーはかなり研究されていて、
技術も進んで、フードのレベルは、
ちょっと前よりかなり進んでいることが良くわかりました。

 

技術革新によるフードと昔からある食材に何も手を加えない生食。

 

私は、犬は共に生活する仲間だけれど、
生の食材を消化する能力を持っているので、
出来るだけ、自然な形で育てたいと考えてます。

 

一度、生食を始めて上手く行ってると、
なかなかフードに戻すことは勇気がいるので、
戻せませんが、
知識としては理解しておくほうが良いと思うので、
このテーマも面白かったです。

 

 

3000円の参加費の割りに大変盛りだくさんのセミナーだったので、
参加して良かったです。

 

でも、なかなかこのようなセミナーは無いのが現状ですね。

 

 

« アジサイのリース | トップページ | レッスン153回目 »

セミナー」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31