« ダブリン&ホーリーが帰って来た。 | トップページ | レッスン158回目 »

2012年12月18日 (火)

GRT関西地区競技会




昨日はGRTの関西地区競技会にナルー&マナちゃんと参加して来ました。

地区競技会は関西のスノーピーク箕面キャンプフィールドで開催されました。

関西って山が低いからか、長野のような広いフィールドがなかなか無いようです。

此処は大阪のはずれなので、近くってうれしかったけれど、

ちょっと狭くって、ノービスクラスだけの競技会でした。

参加者は14組。

マーヤは1番目だったので、
あっという間に終わった感じでした。

服従訓練競技会でも、結構早めに競技を終えて、
緊張感から早く開放されたい方なので、
順番は早い方が好きです。

結果は14頭中11位。

マーキングシングル50M→マーキングダブル→
マーキングシングル30M(シッピング)→マーキングシングル30M(ドリブン)の順で、
マーヤは今回もシッピングで失格になってしまい、
-120点で4種目で95点。
シッピングがクリアー出来ていても、
とっても興奮気味だったので、
上位には入れそうもない態度だったような気がします。

今回の1位は5歳のゴールデン犬造君。331点でした。
とっても、物静かで落ち着いて競技されてました。
2位がPOOHちゃん、3位がシェヴァちゃん。

2012_12_163
シェヴァちゃん。

シェヴァちゃんは、以前ほどぶっ飛びではなくなっていましたが、
落ち着いてキッチリ競技出来ていましたね。
ママの表情にも余裕が見えます。

マーヤのバタバタが直るとは思えないので、
この領域には達することが無理そう。

会場は鹿の糞が一杯落ちていて、犬の臭いもするのか、
マーキングするコが多かったし、小川が流れていたので、
川に入るコもいました。

マーキングシングル50Mのコースを見て小川に降りるところがコースにあったので、
これはヤバイ!と思い、
思いっきり「マーヤ」と叫んで気持ちがそちらに行かないようにしてみたら、
素直にダミーを回収して来たので、ホッとしました。

2012_12_161

ラジオ局の取材の方が来ていて、インタビューをちょこっと受けました。

2012_12_162_2
みずき君が身を乗り出して見てますね。

2番目の課目はマーキングダブル。
最近は、ダブルの2本目を取りに行くのを嫌がる癖が中々直らなくって、
毎日練習したので、なんとか今回は2本目も渋りながらも回収出来たね。

2012_12_165

2012_12_166

2012_12_167

2012_12_168

ダブルの2本目回収に行くのを渋るマーヤ。

2012_12_169_3

3番目はマーキングシングル シッピング。
シッピングのコースが草でダミーが良く見えない置き方だったので、
マーヤはダミーの近くに走り寄って、
あ!あっちにもダミーが有る!ってうれしくなって遠いところのダミーを回収しに行って、
帰りがけに手前にあったダミーに持ち替えて、
帰って来た。
ガ~ン!
これで、この日の競技は終わった・・・・。

前回もシッピングも失格になったので、
毎日練習したのにね!

まだまだ100%ではなかったので、
こんなもんか!

最後のマーキングシングル ドリブンでは、
POOHちゃんと並んで競技しましたが、
3度くらいリードを振り切ってダミーを回収に行こうとしていたのと、
声を出してピーピー言ってたので、
この課目もかなり減点されてそう。

2012_12_1610

と言う事でマーヤの得意課目は誰でもできる、
マーキングシングル50Mだけです。

元々物静かなコがとっても羨ましい今日この頃。

Leighの若い頃にこの競技と出会っていたら、
こんなに苦労せずに、
済んだかな~?
GRTはLeighの方が絶対向いてるね。

次にもう1頭飼えるなら、絶対声を出さない子犬を選びたい。
なくコを黙らせるのは私には難しすぎる。
マーヤが生きてる限り生涯に渡っての課題です。

2012_12_1611
ナルーちゃん。

2012_12_1612_2

マナちゃん。

ノービスクラスの競技は午前中に終わったので、
午後は体験競技の見学を楽しみました。
マーキングシングル30Mと50Mの2種目。

2012_12_1613

Cさんちのアイリスちゃんとキャリアドちゃんが、
体験競技に参加されて、アイリスちゃんは見事2位でした。
ダミーが落ちるのをじっと見ていて、
取りに行く時も目が輝いていました。
普段はとっても落ち着いていて、
ダミーが落ちると目が輝き、
ダッシュで回収に行く。
理想的な動きでした。
アイリスちゃんの兄弟は実猟しているので、
この兄弟は猟に向いているDNAが流れてるのですね。

キャリアドちゃんは、全く初めてダミーを咥えたみたいで、
いきなり体験だったので、
何をしたら良いのか良くわからない様子でした。

オペラちゃんのお子ちゃまも体験に参加してましたが、
姿も意欲もママそっくりで、将来が楽しみです。

体験に参加されたペアーのレベルが高かったので、
益々ノービスクラスで上位入賞は狭き門となりそうです。

その後、アドヴァンスクラスの、
トトちゃん、オペラちゃん、ティナちゃんによる、
川越えのマーキングシングルを披露して頂いた。

この小川、降りるのは簡単なのですが、
対岸が結構急で2Mぐらいある壁を登って取りに行かないと行けないので、
アドヴァンスのコでもダミーが何処に落ちたか分からないのか、
小川でダミー探しをしてしまって対岸を最初から登って行かなかった。

チィナちゃんは2度も崖を登って降りたので、10歳を越える年齢で、
そんなことして大丈夫なのかとヒヤヒヤしましたが、足腰は丈夫なのか、
大丈夫そうでした。でも、あきらめずに、ダミーを探して回収して来たのは、
流石ですね。ハンドラーのママもあきらめないのが凄いと思いました。

コノコースは、ハンドラーからは小川が1段低いところにある為、
犬が何処に居るのか分からず、指示だしが難しそうだった。

そんな難しいコースもオペラちゃんはダミーをしっかり回収して来ました。
素晴らしい!

ちょっとレベルを落として、1,5Mぐらいの段差のあるコースでの練習を、
ノービスクラスの参加者の人たちで体験させて貰った。
皆さん、段差は問題なくクリアー出来ていました。

良く考えてみると、このぐらいの段差は、
マーヤはいつも一っ飛びで昇ったり降りたりしてるので、
違和感はなかったのだと思うが、
段差を昇ってから、一直線にはダミーへと向かわなかったので、
方向感が狂うみたいですね。

この練習は足を悪くしそうだからあまりしたくないな~。

関西地区競技会はこじんまりとしていて、
和気藹々と楽しい競技会でしたね。

気温も割りと上がっていたしお天気も良かったので、
人にも犬には調度良い気候だったようです。

一緒に奈良から見学に行ったみずき君。
アスティー&ルフィー君も見学に来られて、
一緒にランチタイムを楽しみましたが、
真理ちゃんと2人でいつもひっそりランチでいたが、
昨日は、真理ちゃんが買って来てくれたおでんを囲んで、
賑やかなランチタイムで、
キャンプ場の気分を満喫出来ましたね。

又、皆揃って賑やかに競技に参加出来ると、
楽しいと思いました。

見学に来たノリちゃんが、沢山の写真を撮って下さいました。
いつもとっても忙しいので、
うれしかったです。

ありがとうございました。

« ダブリン&ホーリーが帰って来た。 | トップページ | レッスン158回目 »

GRT」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31