« レッスン170回目 | トップページ | この春、最初で最後のハイキング »

2013年4月17日 (水)

レッスン171回目

今日はとっても暑かったですね。

4時からダムで訓練でしたが、少し動くととっても暑くって
日陰に避難しました。

これからは、帽子にサングラスが必要な季節になったようです。

2013_04_161


シロツメクサが咲き始めたようです。グリーンのカーペットで「前進」の練習中。
ボールを隠すのが簡単で良いのだけれど、
葉っぱの下には、ウサギの糞や虫や鳥の卵など、いろんな物が隠れていて、
ちょっとドキドキしている私。

2週間後の本部競技会は今日ぐらいの暑さかも知れないので、
暑さに慣れるためには調度良かったかも知れませんが、
テンション下げ下げで動きが悪かった。
前回は、とっても寒かったので調整が難しいね。

前回の競技会でも、犬は良いので、発情中で今日は動きが悪かったのかも知れませが、
発情が終わったら、練習をしっかりして下さいとコメントを頂きました。
発情が終わったので、しっかり練習しないとです。

「犬は良いので」と言うお言葉は、何度も審査員の先生に言われて来ましたが、
なかなか犬と指導手共に良いと言われるようにはなれません!

今日は、私のテープのビデオで動画を撮って貰いました。
毎回、撮ってもらって、自分の悪いところを、
直して行かないと良くならないので、
毎回撮ってもらいたいと思います。

まずは、現状把握からです。

上手な人のイメージは頭にあるので、
実際の自分とのギャップを埋めていきましょう。

先生に、先にマーヤを動かせて貰って真面目な気持ちを育てる作戦も、
3回目になると、通用しなくなって来て、
先生と練習していても、暑かったこともあってか適当にダラダラやってる場面が
ありました。先生が、厳しくショックを入れたりしないことを見破って、
緊張感がなくなって来たのね。

マーヤは、そういうところ良く研究していて、
こちらの、出方に合わせて、自分の行動を変化させる。

ドンドン、ズル賢くなって来てるので、
どうしたら、マーヤを上手く乗せてヤル気にさせれるのか?
いろいろやっては見るけれど、
マーヤの方がいつもリードしていて、
振り回されてる。

もう、2週間しかないので、
今から強制訓練したりするとストライキされると困るので、
このまま、テンション下がらないように気分良くマーヤには頑張ってもらうことに
しました。

でも、気分良くやらしてると、マーヤはやりたくない時にはやらない主義なので、
「伏せ」や「停座」をしなかったりするのよね!

本当にコントロールが難しい。

一つ良くなったのは、
いつも、競技会の申告の時に、ワンワン言って困っていましたが、
リードでビッシットする振りをするだけで、
ワンワン言わなくなった。

1年以上黙らせることが出来なくって、
困っていたのに、意外と簡単に静かになったので、
何だか不思議です。

この前、審査員の先生に競技会で相談していたのを聞いて、
行動を改めたのか?

今日、注意を受けた項目は5つ。

「伏せ」の時地面の臭いを嗅がせないように、
絶えずチェックして嗅ぎそうになったら注意して嗅がせない。

「脚側行進中の停座」の時、足がバタバタしないように、
足が動きそうになったら、注意をする。

私がマーヤに背を向けて離れて行く時いつも、
キョロキョロよそ見をして、集中しないので、
離れる時は、何度も振り返って注意をしたり
ボールを投げてやったりこちらに集中させる。

ご褒美をひも付き脚側行進の後あげて、
紐なし脚側行進の前にこちらに注目させるようにする。

課目と課目の間は、本番の競技会と同じ様に、
間をあける。

後2週間、指摘し続けて、修正して行きましょう。

« レッスン170回目 | トップページ | この春、最初で最後のハイキング »

服従訓練」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31